トップページ > 換気扇掃除のコツ

換気扇掃除のコツ

キッチンの大掃除の中で、一番大変な掃除が、換気扇掃除。 換気扇掃除は、高所作業で、機器の分解が必要で、落ちにくい油汚れ、と大変な要素が詰まっています。 そんな換気扇掃除を、簡単にしちゃうコツをご紹介しましょう。

 

始めから、漬け置き洗い
換気扇の掃除の中で、簡単に済ませることができるのは、油汚れを落とす工程です。 高所作業を避けることはできませんし、きれいにしたければ、機器の分解を避けることもできないためです。

油汚れを落とす時に、始めから漬け置き洗いにしてしまい、こすり落とす作業を減らします。

油汚れがひどければ、50度以上のお湯(手をつけられないくらいの熱さ)に漬け置きし、油汚れが流れ出てしまうくらい汚れを緩めます。

 

発泡スチロールのケースがあれば、温度を保つことができるため、なお良いでしょう。 洗剤を利用して漬け置き洗いをするならば、少し濃い目にすると、落ちやすくなるようです。ただし、塗装がある場合、塗装もはげやすくなりますから、ご注意を・・・。


こまめに掃除
これができれば、苦労はないのですが、換気扇の大掃除を簡単にする、一番のコツは、 日々のこまめな掃除なのです。

油汚れは、付いたばかりのころは落ちやすいので、 1週間に1度は、炭酸塩液やセスキ炭酸ソーダ液、住まいの洗剤で、目に見える部分の汚れをふき取るようにするといいでしょう。

不燃性のフィルターは、汚れが溜まりきらないうちに、こまめに交換し、 交換ついでに、炭酸塩液やセスキ炭酸ソーダ液、住まいの洗剤で、フィルターの内側を拭き掃除すると、大掃除という大掛かりな掃除が必要なほど、汚れがたまらないのです。

 

換気扇掃除のコツは、こまめな掃除なのですが、なかなかできませんよね。 ですから、換気扇の大掃除をする時には、あらかじめ、熱湯を大量に用意し、 漬け置き洗いする用意をしてから、換気扇の分解に取り掛かるのも、ちょっとしたコツです。 お湯を沸かしている熱でも、油汚れは少しだけ緩むんですよ。

TVショッピングで話題!換気扇掃除にも役立つ強力な万能洗剤

ドリームウォッシュ55webバリューセット

ドリームウォッシュ55

100万本越えの大ヒット洗剤「ウォッシュレボリューション21」がさらにパワーアップ!
動画が見れます
ドリームウォッシュ55

洗剤能力お掃除セット

天然植物原料使用で、お肌にも環境にも優しい強力業務用洗剤。
動画が見れます
洗剤能力お掃除セット